itisuke雑記帳▼

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

4日前の城北学園ブログで、地学部の生徒さんが戸山高校へボーリング調査の見学に行ったという話を見ました。

両校には同じ深井鑑一郎先生の胸像がありますが、今までは全く交流といった物はなくて、そういう風に城北の生徒が戸山へ行ったという話を聞いたのは初めてだなと思いました。

僕は戸山の近くに住んでいて、毎日正門の前を通るのですが、卒業式には振り袖姿の生徒さん、4月の始業式の頃の登校時間にはユニフォームやら白衣とかを着て、正門から校舎への通りにズラッと並んで新入部員の勧誘をしたり、夏の暑い季節には私服に短パン姿で登校する生徒さんを目撃したりします。

戸山の伝統的な教育は「本質を突き、考えさせる」という事だそうです。昔、何かの本で戸山の先生が、「あくまで問題は質を高める事で解決する」といった事を語っておられたのを思い出しました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

www.johoku.ac.jp

医龍で頭に残った言葉

 医龍というマンガが結構面白くて、いいなと思ったセリフをメモってみました。もう少しある様な気もしますが・・、とりあえず紹介してみたいと思います。


『誰かが助けてくれるのがチームじゃねえ。死にものぐるい全員の役に立とうとするのがチームだ』 第24幕 加藤の10針

 

『有能な外科医は、簡単な処置と難しい処置のどちらかをとるなら、難しい処置をとるものよ。安全で簡単だけど「とりあえず」でしかない処置ではなく、手間はかかって難度は高いけど、患者にとってベストな処置を選ぶ! その方が再手術の必要もなく、状態も安定する。手間を惜しまず難しいことへ挑戦する方が、いい結果を出すと知っているのね。難しいことをやりたがるののでなく、妥協しないだけ』 

第27幕 論文vs患者

 

『今日がベストの日かどうかは知らねーがベストの「今日」にはしてみせるぜ』 第29幕

 

『今なら、朝田が早い時期に彼を選んだ理由がわかる。彼には朝田の手術への免疫がある! それは刻々と変化する手術室の状況に対応できる柔軟性!』 
第30幕 動く心筋


『貴様は触ったものを全て不幸にしていくーー腐ったミカンだッ・・!!』 
第51幕 ドロップアウト

 

『腕ってやつは、上がってると感じてなきゃダメなんだよ。維持してると思ってんなら、落ち始めてるってことだ』

162幕 相棒


『我々でもできることが、・・一つだけ、諦めないこと・・』 193幕 結果

 

『どっちもヘコませる妙案は何かないかね?
野口賢雄には、勝ちがないなら、負けもない!』 
199幕 ICU症候群


『わかってないね。君は予備選で何を学んだの? 政治において理念や理想はなんの力にもならないと、痛感したんじゃないの?
 国立と霧島くんはね、お互いを「敵」として利用したから、共に強い集団を作ることができたんだ。「敵」のいない主張は、正しくとも力を生まないんだ。君の理念すらも、僕という「敵」がいてはじめて成り立つアンチテーゼだった。この僕の医局を、君は超えられる?』
201幕 その2

表参道のイルミネーション

 表参道の約1キロの区間で行われているイルミネーション。2年前は63万球と書いてありましたが、今年は90万球だそうです。

 24・25日は通りを駐車禁止にして、1車線分を歩道として開放するそうです。横断歩道は通行禁止になっています。

 BGMは流れていなくて、ややあちこちで係員が「道路で撮影をしないで下さい!」って叫んでいるのが気になっていたのですが、昨日自転車で走ったら、大音量でクリスマスソングを流す個人タクシーに追い抜かれて、やるなあなどと感服した次第です。

 

f:id:itisuke:20161226092440j:plain

f:id:itisuke:20161226092544j:plain

 

イルミネ②

 けやきの木が痛んで、LED電球が登場するまで11年間、開催中止されていたそうです。

 

 

スタトレより言葉3つ

50年前のTVドラマ・スタートレックより、頭に残った言葉3つ。「全ての戦いは賢い者が勝つ」「管理するより同調させよ」「(恋愛は)何もありませんでした。でも幸せでした」など。記憶で書いたので、正確ではありません。

Windows Updateの代用ソフト

 先日パソコンが壊れ、Windows8(48ビット)の中古ノートPCを買ったのですが、最初からWindowsアップデートが止まってしまい、PC自体もまともに動いてくれませんでした。 

 Win8,1にアップデートしてもダメ、更新ソフトを全部入れても、Updateエラーをチェック・修正するソフトを入れても直らない。そこでフリーソフトWindows Update MiniToolでアップデートする様にした所、まっとうになりました。

 これ、慣れた人ならインストールは簡単なんですが、初心者には説明サイトでの日本語化の説明が分かりにくいです。

www.gigafree.net

早稲田界隈で気づいたこと

 早稲田に長く住んでいると、サンバを見たり、プールに蓋をする小学校があったり、昼寝をしていたら安倍総理の演説で起こされた事もありました。

 何故か世界各地の料理屋が集まっていて、そういう所には1度も入った事がないのですが、たまに早大生が作ったポスターを街で見かけて面白がったりしております。

 そんな感じで地元について書いた過去のツイートを少しまとめて紹介しようかと思います。

 

 

逆転式一方通行


f:id:itisuke:20181226052121j:image

 神楽坂(新潮社横)から飯田橋(都立九段高校前)までの神楽坂通り(早稲田通り約1.5km)は、午前と午後で一方通行の方向が変わる(正午から1時間は歩行者天国)という方式だそうです。これは結構他にも例があるんじゃないかなと思っていたら、世界中探してもみかけない物なんだそうです。

chinobouken.com

西早稲田駅

≪大隈胸像≫f:id:itisuke:20101113070409j:image

 明治通りを歩いていると、早大理工学部の正門の裏に胸像の頭がぴょこんと出ているのに気づきます。(よく見えないかな?)

 中庭か校舎の中にあった物を表に出したのでしょうか。塀より高く銅像が置かれています。こんな配置一つで学校の姿勢が伝わってくるのが好きですね。表を歩いている人にもすぐに誰か分かりますから、親しみやすいです。

 西早稲田駅には早大理工出口と言って、大学の構内に地下鉄の出入口が設けられていて、大変思い切った事をされているなあと思います。

 ちなみに西早稲田駅の上は諏訪町交差点と言って、早大西門通りの入口に当たる西早稲田交差点とは、かなり距離が離れています。以前、西早稲田の交差点付近で、何のイベントだったか馬が歩いていたのを見た事があります。

f:id:itisuke:20181204235211j:plain

 

8月15日になると

 8月15日は終戦記念日ですが、学習院女子と区立西早稲田中学校の前を通ったら、校門に国旗が掲げられていました。隣の戸山高校では正門の掲示板に張り紙をしていました。戸山では国旗以前に校旗がなかった時代が長く、戦前の府立4中の時代は、先生が布に墨で字を書いて代用したそうです。昭和40年代後半になって校旗が作られたそうです。


f:id:itisuke:20170815174954j:image
f:id:itisuke:20170815175009j:image


f:id:itisuke:20170815175024j:image

 

地蔵音楽祭

 2013年から西早稲田子育て稲荷でやっているコンサート。お地蔵さんの敷地内がステージで、道路が客席(立ち席)です。

 

カツ丼発祥の地

早稲田・穴八幡のはす向かいにある、江戸時代から続くおそば屋さん三朝庵は、カレーうどんかつ丼発祥の店。宴会で取り寄せた豚カツがキャンセルで残り、玉子と蕎麦つゆで綴じ、ご飯に乗せた物が人気になり、全国のそば屋に広まったそうです。

 

その三朝庵が今年7月31日で閉店したそうです。

www.waseda.jp

環状4号線

今、不忍通り外苑西通りをつなぐ工事で、外苑西通りの新宿区富久町から若松河田までと不忍通り目白台西早稲田交差点間の用地が確保されつつあります。でも西早稲田と若松河田間の工事は全く何もしないので不思議に思っていたのですが、実は西早稲田交差点から早稲田通りで早稲田駅へ行き、早稲田駅の交差点から夏目坂をのぼり、若松河田駅へ行く既存の片側1車線の道路が環状4号線のコースなのだそうです。知らなかった!

 

 区立中が図書館に

新宿区の中央図書館が、高田馬場から西早稲田に移転。旧戸山中の4階建ての校舎を丸々使い、教室と廊下の間の壁を取り除いて広くしていました。新聞・雑誌コーナーが狭いのは改良の余地ありですが、まあ新しい形であります。

戸山図書館

 

 早稲田の付属高校

 早大高等学院と早稲田中学では、授業料の年額が2倍も違うんだそうです。学費と言っても授業料だけではないでしょうが、校舎を長持ちさせたり、中途採用者の給料を抑えたり、スポーツ施設への負担、1クラスの人数や職員の受け持ち時間や受験料収入等の違いでしょうか。価格競争もやってるんですね。

 →東京都内私立男子校:授業料(年額)が安い学校ランキング【早稲田39万/本郷40万】

 

 昔は早稲田高と早実って、道路をはさんで隣同士でした。2014年に早稲田高校の興風祭へ行ったのですが、クラス参加はなく学年毎のグループ参加となっていて、中3なら縁日・ピタゴラ・喫茶などをやっていました。投票所を1か所とせず、お客は1人4票の投票券をもらい、各団体の出口で参加者に渡します。文化部は過去の出展やパフォーマンスを継承する団体も多く、どこを歩いても盛り上がっている感じでした。

 早稲田実業高校のいなほ祭は1992年(男子校)に行ったのですが、パンフレットによると中1~高3までほぼ全クラス参加で、研究13、ゲーム・クイズ13、縁日4、喫茶4などでした。今は共学になりましたが、2014年のいなほ祭サイトを見た所、舞台16、映画6、娯楽・お化け17、喫茶・飲食8で、高3のほぼ全クラスが体育館での演劇と、内容が様変わりしていました。

メモ用のスマホ

 僕はパッと色々な所で思いつく事が多いタイプなのですが、今まではふいに見つけた画像を録り逃したり、思いついた事をメモに取ってもメモを捨てちゃったり、書くつもりで忘れちゃったりとか、文字数が少なくて書くのを止めたりとか、ネタは割とある方なのに結構もったいない事をしてきたもので、もう少しマメに更新できる様になればなあと、メモ帳用に4インチの中古のスマホ(2000円)を買ってきて、腰につけて使う事にしました。

 

 このスマホsimカードを差さず、電話などの機能も入れていません。普段使う5インチのスマホBluetoothでネット接続します。ディスプレイのスリープは30秒から5分に延ばしました。

 

 「フリーwi-fi」というアプリを入れると、simカードはなくとも喫茶店などで無料wi-fiが一応使えるので、ブログの更新や書き直しにも活用できます。

 

 メモアプリはクラウドタイプで、オフラインでも使えるシンプルノート(simplenote)を使い、やや文字入力が遅かったのでタッチパネル調整で早くしました。カメラもグーグルフォトアプリで自動同期されます。

 

 画面が小さいと文字入力が難しいと思われるかもしれないですが、グーグル文字入力のgodanキーボードを入れるといい感じです。

 慣れないうちは、5インチのスマホと一々接続させるのがやや面倒ですが、simカードがないせいか、電源を入れても起動が15秒くらいと短く(大きい方は1分かかる)割合スムーズですし、結構続けられそうな気がします。

 

 下の画像の左側が4インチのスマホ、右側が5インチのスマホを入れているケースです。1インチでもかなり大きさが違います。


f:id:itisuke:20181216004801j:image

ブログパーツ