itisuke雑記帳▼

東大女子を増やすには

 東京大学は2020年までに女子学生比率を3割にする目標を立てているものの、なかなか増やせないそうです。東大は1学年3000人と聞くので、10%だと300人ということです。工学部が全体の3分の1を占める大学ですが、どうしても来年、女子学生を多く採るという事ならば、やはり定員の1割くらいを割いて、一般入試の後に女子だけの入試をやるのが1番ではないでしょうか。

 例えば、東大が課す試験科目を全部センター試験で受けてもらい、一定の点数を取った人に願書だけ出してもらう。そして一般の試験で3割に達しない場合は、その中から合格者を出して一緒に発表する。東大と京大を併願されたら困るかもしれませんが、志願者は増えると思われます。

 学生が集まらないのならば、追加募集は当たり前の話ですし、地方の進学校を出ていない様な女子学生なんかには、周囲に知られずにチャレンジできる環境も大事だと思うんです。国際的に見ても日本の女子比率はかなり低いですから、既存の推薦入試を女子だけにするといった事も考えなくてはいけない状況ではないでしょうか。

ブログパーツ