戸山、市川、城北、城北埼玉高校の校歌をUP

 都立戸山高校

 1年数ヶ月ぶりに更新しました。管弦楽部と合唱部の演奏を修正したものでございます。いい校歌なのに今ひとつ聴かれていない点を考えて、最初の4行の歌詞部分を1,04倍速くらいに速めて、後半とのスピードを合わせました。それと声が楽器より音量が低かったのですが、音源の高音域と低音域を少しずつ削り、音圧爆音くんというサイトで声の方の音量を上げました。

buff.ly

 

 歌詞の英訳は、動画の説明文を翻訳してくれるオプションサービスに依頼し、訳しにくい部分は自分で翻訳サイトで調べてみたりして、今こんな感じになっています。

f:id:itisuke:20180228213627j:plain

市川学園

 市川学園校歌の混声版を作ってみました。初め30秒もある前奏を削ろうかと思ったけど、あれよく聴くと、人の人生を描いている様で削れませんでしたので、全体を1,04倍速に早める事にしました。

 男女の音量の比重は、何度も聴く校歌の性質を考えて無難に半々くらいにしたかったのですが、それでもやや女声が高いと思います。また動画の容量を圧縮してupしている為、百円ショップのイヤホンではかなり聴きづらいです。

 女声の方には、ハモったりとかは一切せず、カラオケや卒業式なんかで歌う様に、男声と全く同じ音程で歌ってもらいました。「程よく馴染ませながらも、突き抜ける様な物があった方がいい」とか言ってお願いしました。

城北学園

 帖佐校長の頃、学校のHPなどで着実・勤勉・自主の校訓が、「自分らしく生きる、学ぶ」と訳されてコピーになっていた事があります。よく「歌詞が覚えられない」と言われる歌ですが、2番の歌詞を3番の言葉を使って直してみた所、残った語句で3番として歌える様なので、実際に歌った動画を作ってみました。

 「自立と堅実」の1番、「勤勉努力」の2番、「正義と公民」の3番は変わっていません。校訓にない「正義」や「努力」を繰り返す間奏は省いて、最後に「自立の学園」だけ歌う様にしました。

 前奏は短めに、間奏は葉葺、3番まで歌っても2分くらいに収まる様にしましたが、ただ実際に自分で歌ってみると、結構息切れしました(笑。

 

youtu.be

f:id:itisuke:20171217131628j:plain

城北埼玉学園

youtu.be

  この動画は4年半くらい前に、フジテレビのクイズ!ヘキサゴンIIでサッカー部の人たちが歌っていたものです。ようやく2015年3月5日に学校のHPでも校歌の音声が掲載される様になりましたが、確か学校のHPは1998年か99年の開設だったと思うので、実に16〜7年かかったという事になります。 →校歌を聴く

  何か学校のものは応援団みたいだったので、試しに女声を加えて混声風にした物を作ってみました。 

 

youtu.be

 昔、ここの歌詞を研究をしたことがあります。初代校長(作詞者)が市川学園で講師をやる直前に市川の校歌ができているので、同じ「わが母校」を使っているのかなと思いました。「朝日に映ゆる武蔵野に」の歌詞は、旧城北予備校(市ヶ谷)の敷地の前所有者・昭和鉄道高の「朝陽に映えるこの学び舎に」とよく似ています。

 「いざや励まん着実に」は、都立戸山高の「真理求めていざや励まん」に、「若き命のますらおの・・いざや学ばん」の所は、麻布高の「学びにいそしむ若きますらお」と似ています。「いざや××ん」は県立所沢高、「輝く富士」は、城北高と都立日比谷高に同じ言葉がありました。

 城北埼玉の校歌ができたのは、開校3年目の1982(昭和57)年11月だそうです。何度も歌う校歌の存在って、校風に与える影響が大きいと思うので、大事に歌ってほしいなと思いました。

 

広告を非表示にする